男気爆発!!ハードボイルドアクション

写真 2016-02-27 18 55 54

人生のテストで出る映画。

・ゲッタウェイ(1972年)
「往年の名作に挑め!!ボンクラアクションの道しるべ」

・ヒート(1995年)
「男なら、己の行く道を譲るな!!」

・ロング・キス・グッドナイト(1996年)
「今就活生に送りたい映画!!爆裂自分探し!!」

・フェイス/オフ(1997年)
「ハートフル暴力」

・追撃者(2000年)
「エクストリーム漢気」

・トリプルX(2002年)
「ヴィン・ディーゼルがノースリーブで挑む極限ミッション!!」

・マイアミ・バイス(2006年)
「女と仕事、どっちが大事!?究極の公私混合潜入捜査!」

・ザ・タウン(2010年)
「ボストン・・・それは銃声と悲鳴が奏でるブルースを唄う男達の街」

・復讐捜査線(2010年)
「お帰リーサル・ウェポン!!」

・ウォーリアー(2011年)
「男なら、四の五の言わず拳で語り合え」

・バレット(2012年)
「世界で一番かっこよくリンゴを食えるのはやっぱりスタローンだと思う」

・イコライザー(2014年)
「ハードボイルド過剰摂取」

・ジョン・ウィック(2014年)
「キアヌ・リーブスin地獄甲子園!!「ジョン・ウィック」は死んでも観てくれ!!」
「映画ソムリエ シネフィル太郎の意識の高い「ジョン・ウィック」批評」

・ボーダーライン(2015年)
「男ならモラル全てかけて強くなれ」

・ハードコア(2015年)
怒りは愛を超える、ついに公開!!「ハードコア」

・ザ・コンサルタント(2016年)
人は生き方次第で誰もが殺人マシンになれる

・マグニフィセント・セブン(2016年)
「男子校の美学」

・ナイスガイズ!(2016年)
「裏ラ・ラ・ランド、シェーン・ブラックの本気」

・ジョン・ウィック:チャプター2(2017年)
「殺人マラソン全国大会「ジョン・ウィック:チャプター2」公開前レビュー」

・「ローガン」(2017年)
「男一匹ミュータントが見せる、最後の漢気ダッシュ!!」

・「レディ・ガイ」(2017年)
「ミシェル・ロドリゲスの男塾。ちんちんがなくても男は男なのか?」

・「ミッション・インポッシブル フォールアウト」(2018年)
「MI6から学ぶサラリーマンの心意気」

・「スカイスクレイパー」(2018年)
「片足だろうが関係なし!ロック様が挑む超バリアフリーアクション」

・「デス・ウィッシュ」(2018年)
「殺しは俺を救う!鬼ウィリスの逆24時間テレビ」