現代社会を生き残るヒントはプロフェッショナルから学べ!!メカニックの一日! – Be Power Hard Boiled
Be Power Hard Boiled

現代社会を生き残るヒントはプロフェッショナルから学べ!!メカニックの一日!

 

 

この秋、遂に公開されるメカニック・ワールドミッション。

精密機械のように標的を消す殺し屋―――メカニックことステイサムが世界を回って人殺しを遂行する映画である。

怪獣に東京を襲われて会議する映画や、男女が入れ替わるアニメの映画が公開される昨今、世界レベルの殺し屋の映画が公開されるのは随分野心的としかいいようがない。

 

「どうせねえ・・・ステイサムでしょ?そこら辺のアクション映画と同じでしょ?」と世間的には思われているかもしれんが、

甘く見てもらっては困る!

誰が困る!?

と言われたら、えー俺が。

確かに荒唐無稽さがゼロ!と俺も口が裂けても言えない。

だが本作は『準備』、『段取り』、『戦闘力』の大切さを描いた、正しいお仕事ムービーの側面があるのだけは断言できる!

このメカニック精神は是非とも私生活においても積極的に取り入れたい。

というわけで、今回は明日から真似したくなるメカニック先輩の一日として御紹介しようと思います。

mechanic

◆5:00

一日の始まり。

メカニックの朝は早い。

とりあえず腕を組んで遠くを見つめて朝が始まるのだ!

mechanic-2

◆5:15

あっ!彼女がさらわれた!!

出社前なのに忙しいメカニック。

突発的なトラブルが仕事にはつきものなのだ!

mechanic3

◆5:45

無事彼女を(30分で)救出したメカニック。

これで出社にも間に合う!やった!!

プライベートと仕事を両立出来てこそ、初めてメカニックを名乗れるのだ。

たとえ彼女が負傷しているとしてもだ!!

 

mechanic4

◆6:45

出社。

一流の男はエレベーター、階段は使わない。

オフィスの壁を昇ってこそ初めて一流を名乗れるのだ!!

mechanic5

◆7:00◆

細心の注意を払い社内へ。

オフィスにも敵はいるのだ!!

mechanic6

◆8:00

メールチェック。

チェックしつつも昼に食う飯を何にするかを考える。

よし!今日は牛丼だ!卵付きで!

マルチタスクを遂行するのも一流の男の証明だ!!

mechanic7

◆9:00

提案書作成

地道かつ周到な準備がビジネス(殺し)での成功を生むのだ!

mechanic8

◆10:00

アポをすっぽかされる。リスケ。

今日ばかりは牛丼を大盛にしてもバチは当たらないはずだ!!

mechanic9

◆11:00

クレーム対応。

顧客からの怒りのメールに凹む。

ひとまず牛丼(卵付き大盛)はお預けだ!!

mechanic10

◆12:00

お詫びのため顧客先へ。

スピードがビジネスには求められるのだ!

mechanic11

◆13:00

誠意を持ってお詫び。

相手に気持ち(殺意)が伝わった。

mechanic12

◆14:00

仲直り。

顧客との関係が新たな価値創造を生み出す。

mechanic13

◆14:15

と思ったら、続けてトラブル。

トラブルは待ってくれない。

例えコチラが汗でずぶ濡れだとしてもだ!

mechanic14

◆14:30

トラブル対応。

誠実な対応に必要な物―――それは菓子折りではない。

ナイフだ!!

おかげで顧客がおとなしくなった。

mechanic15

◆15:00

再びクレーム対応(狙撃)

再発防止のため

トラブルの元は確実に消す。

これがビジネスの鉄則だ!!

mechanic16

◆15:00

テレアポ。

セキュリティ対策のため1件につき電話は一台。

メカニックに掛け捨てプランは要らない。

なぜなら一回の通話で捨てるから!

No More 情報漏えい。

mechanic17

◆18:00

交通費の精算。

採算があわねぇ!!

mechanic18

◆4:00

請求書チェック。やっぱり採算があわねぇ。

気づけば朝じゃねーか!!

こういう瞬間もメカニックにはあるのだ。

mechanic19

◆4:05

ダイナミックに退社。

もう知らん!!

ある程度見切りをつけて家に帰るのも仕事の内だ!

 

 

◆休日編~一流の男の休日の過ごし方

mechanic20

休日の趣味はマリンスポーツ。

だが、つい仕事での自分が出てしまう。

 

mechanic22

日々のアレコレを忘れて

Y字で飛び込む。

この思い切りの良さがプライベートと仕事に活かされるのだ!!

mechanic23

サーファー仲間と談笑(二人で夕日も見る)。唯一メカニックが一人の男に戻れる至福の時だ。

 

 

◆メカニック先輩の質問コーナー◆

インタビュアー:ミシェル・ヨー

ゲスト:ジェイソン・ステイサム

Q.現在の業務内容を教えてください。

image

ステイサム「断る。」  

mechanic26

 

 

 

 

 

 

Q.現在の仕事で良かったこと、やりがいを感じたことを教えてください。

image

ステイサム「もう足を洗った。話すことはない。それに、お前の言う『やりがい』と俺の言う『殺りがい』では意味が違う。」

mechanic26

 

 

 

 

 

Q.では仕事していた時の信条を教えてください。

image

ステイサム「この仕事に必要なのは冷静さだ。相手の行動パターンを熟知し弱点を探す。それが信条だ。」

mechanic26

 

 

 

 

 

Q.なぜメカニックとして働きたいと思ったのですか?メカニックになった理由を教えてください。

image

ステイサム「なりゆきだ。これ以外に生きる道を知らなかった。

mechanic26

 

 

 

 

 

Q.メカニックになって学んだことを教えてください。

image

「最高の仕事、それは存在を知られないことだ。」

mechanic26

 

 

 

 

Q.メカニックを希望する皆さんへメッセージをお願いします。

image

ステイサム「誰もがなれるわけじゃない。止めておけ。」

mechanic26

 

 

 

 

 

Q・それでは困るので、メカニック以外の現代社会を生きる人々にメッセージをお願いします。

image

ステイサム「感情で仕事(殺し)をするな。そして周到な準備が勝利を招く。以上だ。」

 

mechanic26

 

 

 

 

 

如何だっただろうか?

いや如何も何も、

全く参考にならねえじゃねえか!!

と言われるかもしれん。

俺もそう思う。

だが、仕事に押しつぶされがちな現代社会。

日曜の夜なんかには月曜が嫌だとか、会社に行きたくないなんて言葉が出がちである。

だが今回のメカニックは

「仕事に殺されるな!

むしろ仕事を殺せ!!

」というメッセージを俺たちに与えてくれる。

・・・・というわけで、仕事を殺したい人は急げ!劇場へ!

たとえ上司を殺してでもだ!!