SNSでのネタバレ問題について考える – Be Power Hard Boiled
Be Power Hard Boiled

SNSでのネタバレ問題について考える

インターネットで常に問題視される「ネタバレ」にどう立ち向かうのか?

この、ごく一部の界隈で話題の社会問題にビーパワーハードボイルドが立ち向かう。

話題作の公開時に必ず問題となる「ネタバレ」。

公開初日、もしくは何らかの理由で公開よりも早く見た人が巻き起こすインターネットでの放火事件である。

純粋に「おもしろかった」という事実を伝えたかったが故の過ち、もしくは「先に観た」「俺は関係者」という優越感に浸りたいからか・・・何にせよ、ほぼ毎週どこかで揉めている。

荒(アレ)・パチーノが多いインターネット

どうしても嫌なら「スマホもパソコンも叩き壊せ」というのがシンプルかつ明確なアンサーなのだが、「壊したら買い替えないといけないじゃん」とマジレスするあなたはブロックするなりミュートするなりフォローを外してしまえばよい。

でも、それでいいのだろうか?

社会に出ると理不尽な事がたくさん起こる。

全て無視出来たら楽だが、どうしても降りかかってくる火の粉はある。

インターネットで遭遇するネタバレだってポジティブに考えるとトラブルを回避するスキルを身につける事も出来るはずだ!!

というわけで今回は我々ビーパワーハードボイルドが、年中ツイッターやインスタばかり開いている廃人のためにアドバイスしようと思う。

ベン・アフレック「まだ観てないのに!!クソがぁぁぁぁぁぁ!!」


1時間目 ネタバレの傾向及び対策

まず、ネタバレについて分類し理解した上で対処法を記載していきたい。

1.無差別テロ型

公開初日の朝に観て、SNSでスパムの如く投稿やコメントをするタイプ。
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」で「Quicksilver is dead」というコメントが世界を駆け抜けた。

【対策】相手がスパムならこっちもスパムだ!!ということで
「最凶女装計画」のテリー・クルーズの画像を送りつけよう

 

2.無意識型ネタバレ

一生懸命感想を伝えようとしたあまり誤爆する。
「アメイジングスパイダーマン2最高でした。グウェンが死ぬラストで涙が止まりませんでした。」とツイートしちゃうパターンだ。

【対策】この手のタイプは総じて中高生など若い人間が多い。少ない小遣いで映画館で観た映画というのは忘れられない思い出だ。俺も中高生の頃に観た映画の記憶は今も鮮明だ。というわけで優しく対応・・・・

するわけにはいかない。

ガキにも世の中の非情さを伝えなければならない。

「最凶女装計画」のテリー・クルーズの画像を送りつけよう

 

3.巻き込み型ネタバレ

ある意味で一番悪質なタイプ。自分の投稿に対するコメントでネタバレをするのでスルーが難しい。「アントマン最高でしたよね!!最後のワスプのスーツで超興奮しました」なんて言われた日にゃもう・・・・

【対策】絡んだ相手を間違えたと思わせるしかない。

毒には毒を。

「アントマン最高でしたよね!!俺も小さくなれるなら好きな子の中に入って子宮から生まれてみたいです。」キチ○イ発言で返していくしかない。

ちなみにビーパワーハードボイルドを始める遙か昔、ミクシィで定期的に「ウンコ食べたいしっこ飲みたいウンコ食べたいしっこ飲みたい」と投稿し続けたら15人くらいはマイミクが減ったので効果は検証済みだ!

4.知識自慢型ネタバレ
古参ファンに多い。

自分の知識量でマウントポジションを取りたいのか、原作との相違や劇中のトリビアを延々語ってくる。
他ジャンルでも太古から存在し、「ガンダム」で1年戦争でザビ家が目指したことは何なのか延々マクドやらファミレスで聞かされた事がある。

【対策】

黙って聞かされている身としては、今コイツの口にガラスのコップを突っ込んだら、どうなるんだろう?と夢想してしまうものだ。あるいは、我々のようにガンダムオタクにイライラして「富野に電話して聞いてこいや、童貞!!」と言うものならトラブルになってしまうのは確実だ。

というわけでビジネスの基本である興味を持ってしっかり話を聞こう。

そして相手が気分をよくしたところでコミックやDVDを貸してもらおう。

借りたその足でブックオフで売りさばこう!!

劇終!!

5.自慢追加型ネタバレ

映画の内容のネタバレだけで良いところを「関係者向け試写会に呼ばれたので」やら「彼女/彼氏と映画、今日で○ヶ月。ケンカすることもあるけど、ずっと一緒にいようね。」という映画に関係のない自慢が入るパターン。

変化球で「〇〇が乗ってた車、俺のと一緒です」等どこの誰にに向けているのかわからない金持っているアピールが入る場合もある。

ちなみに我々が一番いらつくパターンは「○○行きの機内で一足早く観てたんだけど」と添える金持ってます、(仕事の場合)グローバルに活躍してます、英語出来ます、という自慢のジェットストリームアタックである。

【対策】この手のタイプは総じて自己承認欲求が高く、自分の個人情報を流しがちである。なので早急にそいつの顔写真を見つけてコラ画像を作って世界に拡散しよう。いいねが欲しい連中だ。きっと喜ぶはず。

ただし1点だけ注意して欲しい事がある。自撮りや交際相手と写っている写真を発見した時、画期的にブサイクだった場合は優しくしよう。

それが人間というものじゃないか。

6.自撮追加型ネタバレ

何故か添えられる自撮。大抵ロケ地はカフェのテラス席

映画好きというより映画が好きな自分が好きなだけじゃねえか!と言いたくなるもんだ。

【対策】

普段は我々の殺意の対象である「マウント取りたがり自称シネフィル」の皆様だが、彼/彼女達が多用する言葉で最も効果的なパワーワードがあるので是非ともリプで使おう。

 

「及第点ですね。」

 

今こそロビンマスクのタワーブリッジでマーリンマンを仕留めたアトランティスの精神を!!


2限目 もし自分が加害者になったら

自分自身がネタバレをしてしまった場合、炎上してしまった場合、消火する方法を知っていれば怖くない。

1.ネタバレした分だけ自分をネタバレする。
特に日本人は自虐に優しい傾向がある。というわけで

「○○が死んでしまって驚きました。ちなみに私は40代独身実家暮らしです」

「エンディングの○○のシーンは今まで経験したことのない衝撃でした。でもセックスはまだした事がないです。」

と一言添えておけば笑って許されるはず。

2.相手に有益な情報を与える(※女性のみ)
1の応用編でネタバレの後に今日履いているパンツの色、種類、もしくは好きな体位
添えておけば、炎上どころか「ありがとうございます」と言ってもらえるはずだ。

3.努力しても炎上が収まらない場合

プロフィール画像を自分のちんちんにしよう。


3限目 番外編
ネタバレ過激派→ちょっとした事でもネタバレだと過激に反応するタイプ。

「アイアンマンの正体はトニー・スターク」といっても親を殺されたかのうようにキレてくる

【対策】プロフィールに病名もしくは飲んでいる薬の画像をアップしている場合全速力で逃げよう。あるいは望み通り本当に親を殺そう!!

終わりに

というわけでもしものために自分のちんちんの写真(ちん撮り写真)は常に持ち歩いておこう。